【重岡大毅(WEST.)×間宮祥太朗】東野圭吾傑作サスペンス『ある閉ざされた雪の山荘で』実写化で挑んだ役作りと撮影秘話

執筆者:杉嶋未来

東野圭吾によるミステリー『ある閉ざされた雪の山荘で』で主演する重岡大毅さんと、共演の間宮祥太朗さん。作品の話や、撮影中のエピソードなどを深掘り!

profile:重岡大毅(WEST.)
1992年8月26日生まれ、兵庫県出身。WEST.のメンバー、俳優として活躍。10月14日からテレビ朝日系にて放送中の主演ドラマ「単身花日」に出演中。

profile:宮祥太
1993年6月11日生まれ、神奈川県出身。近作に ドラマ「真夏のシンデレラ」、映画『破戒』などがある。主演映画『変な家』が2024年3月15日公開予定。

山荘での密室殺人事件 名作ミステリーを実写化

作家・東野圭吾原作の『ある閉ざされた雪の山荘で』を実写映画化。“大雪で閉ざされた山荘という架空のシチュエーションで起こる殺人事件”というシナリオのもと、新作舞台の主演を懸けたオーディションの最終選考が行われるさまが描かれる。

重岡さんは“部外者”である俳優、久我和幸役、間宮さんは“劇団のトップ俳優”で、久我が憧れている本多雄一役を演じる。

間宮 本多はカリスマ性があるけど、ちょっと抜けている役どころです。芝居をやり始めるといいけど、脚本をちゃんと理解してるのか、微妙なところがあるよねって突っ込まれる感じで(笑)。基本グッと入ってるような感じでいつつ、入りすぎててちょっと脆いところを出せたらと思っていました。

重岡 僕は役作りという役作りはしていないんですよね。いつも自分のままというか、自分に近づけていく感じです。今回、劇団の部外者ながら、憧れの本多がいる劇団の中に飛び込んでいくというのが、自分と重なりました。僕は俳優の仕事もしているけど、ライブもやっていて、本業一本でやってる人たちに憧れていて、リスペクトもあるんです。でも、そういう人たちの中で、自分も勝ち残らないといけない。俺も負けたくないって思っている久我と自分が重なって、共感できるところがたくさんありました。

俳優が俳優を演じるうえでの苦労も。

間宮 『俺には芝居しかないから!』って叫ぶシーンは、個人的に恥ずかしかったです(笑)。

重岡 かっこいいんだけどね。でも、確かにみんなの前では言わないか(笑)。

この記事を書いた人

杉嶋未来

舞台の制作を経てライターへ。映画、ドラマ、舞台のインタビューをメインに、年間150人以上の俳優を取材。アイドル、音楽、漫画、日本&韓国ドラマなどが好き。小6男児の子育て中。

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article