【Ado】【ano】イマ聴きたい!中毒性のある新作アルバム

執筆者:吉田可奈

この記事の画像一覧を見る(2枚)

ライター・吉田可奈さんが今気になる新作ミュージックをピックアップ。今回は聴けば聴くほど癖になる!中毒性のある新作アルバムです。

『Adoの歌ってみたアルバム』Ado

『Adoの歌ってみたアルバム』Ado

圧倒的でパワフルな歌声で、国民的シンガーとなったAdo。その歌声をより堪能できるカバーアルバムが完成。優里の『ドライフラワー』や椎名林檎の『罪と罰』などの大ヒット曲から、大ブームとなった『可愛くてごめん』や『神っぽいな』など幅広い全10曲が楽しめる。

Virgin Music/初回限定版 ¥3,520、通常版 ¥2,420/12月13日発売

『猫猫吐吐』ano

『猫猫吐吐』ano

タレントとしても大活躍中のano。彼女の素顔を覗くことができる音楽活動としての初のアルバムが完成。キャッチーで中毒性のあるサウンドに描かれているのは、驚くほど心を刺すストレートで深いメッセージ。初回盤にはライブとツアーのドキュメント映像も収録!

トイズファクトリー/初回盤 ¥11,000、通常盤 ¥3,850/12月13日発売

※InRed2023年1月・2月合併号より。情報は雑誌掲載時のものになります。
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

KEYWORD

この記事を書いた人

吉田可奈

エンタメ系フリーライター。作詞家。シングルマザー。飼い猫の名前はデデ丸。著者本「うちの子、へん?」 「シングルマザー、家を買う」(ともに扶桑社)発売中。音楽、映画、舞台、アイドル、タイ、オタク事が得意。

Twitter:@knysd1980
Instagram:@kana_yoshida1226

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article