【M!LK】【松下洸平】才能あふれる俳優&ミュージシャン

執筆者:吉田可奈

この記事の画像一覧を見る(2枚)

ライター・吉田可奈さんのおすすめの新譜情報をご紹介。今回は、俳優、タレント、ミュージシャン、ソングライティングと、エンターテインメントにおいてさまざまな才能を持ち合わせる芸能界の注目すべき才能を紹介します。

知るほどに圧倒されるエンターテインメントの才能

 芸能界には、歌や演技、芸術などエンターテインメントに愛された極上の“タレント(才能)”が存在します。なかでも、ファンを引きつけてやまない、アーティストと俳優、どちらの活動も魅力的にこなすスペシャリストたちが、この冬、新譜をリリースします。 

 まずは、最近ではドラマ「トリリオンゲーム」に出演し話題となった佐野勇斗や、2024年にファイナルファンタジーを原作とした舞台に主演が決定している吉田仁人などが所属するM!LK。彼らは結成10周年を前に、大きな飛躍を遂げようとしています。この5人の魅力はそれぞれの演技力、整ったビジュアルはもちろん、芸能界で長く活躍しているからこそのバラエティ能力などたくさん挙げられますが、何よりも見ている人たちを楽しませようとするハッピーな力を持ち合わせているところ。俳優としてメンバーのなかで一足早くブレイクを果たした佐野さんは、以前から「M!LKのためにさまざまな仕事をしている」と公言するほどグループを溺愛。メンバー同士も仲がよく、9年をかけてじっくりと大きくなってきたグループだからこその魅力、物語を感じることができるのです。メンバー全員が実力をつけ、横浜アリーナでの単独公演も成功させたいま、彼らが目指すのはドーム公演。その夢が叶うのを楽しみにしている人も多いはず。

 そして、現在「いちばんすきな花」に出演中の、理想の恋人、旦那像を見事に演じてくれる“リア恋枠”、松下洸平さんの音楽活動も見逃せません。もともとシンガーソングライターとしてデビューしているからこそ、その実力はお墨付き。癒やし効果の高い、優しくて、でも強さを感じる歌声は、じんわりと日々の疲れを包み込んでほぐしてくれます。しかも彼が作詞する楽曲は、より彼の素顔を覗くことができてドキッとすることも。ニューアルバム『R&ME』には、そんな今の彼の心境がそのまま表現された楽曲がたっぷり。彼の楽曲を聴き、お芝居を見ることでより、その才能を感じられるはずです。寒い季節、体中を温めてくれる今作をじっくりと楽しんでみてください!

この記事を書いた人

吉田可奈

エンタメ系フリーライター。作詞家。シングルマザー。飼い猫の名前はデデ丸。著者本「うちの子、へん?」 「シングルマザー、家を買う」(ともに扶桑社)発売中。音楽、映画、舞台、アイドル、タイ、オタク事が得意。

Twitter:@knysd1980
Instagram:@kana_yoshida1226

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article