【収支公開】千葉県在中・あずささん(会社員・34歳)のマネーテク&お金事情

執筆者:InRed編集部

この記事の画像一覧を見る(4枚)

30代は、暮らしもお金も変化が起こる時期。普段、なかなか身近な友人には聞けない、リアルなお金事情を徹底リサーチ!


あずささん(会社員・34歳)千葉県在住

MONEY DATA
来年、マンションを購入する予定。日々、自炊をしたり、格安スマホで通信費を抑えたり、ムダのないようにやりくり。掛け捨ての医療と死亡保険に加入。貯蓄額は600万円程度。

1カ月の収支はこちら!

あずささんが実践しているマネーテク

通信費は楽天モバイルを利用して5000円で収める!

楽天モバイルは、データ無制限プランで、月2,980円で使い放題。今は本体支払いと合わせて5,000円くらい。スマホだけ契約して、テレビで配信番組などを見る場合はテザリング!

毎週末、作り置きをして外食は控える!

週末になるべく作り置きをして、平日の夜ご飯に。ご飯があると思えば、外食は必然と減ります。これで、月の食費が15,000円になりました!

あずささんのお金の悩みは……

マンションのローンを払い終えれば、老後の家賃の心配はなくなりますが、修繕費などの支払いが……。運用など始めたほうがいい?

丸山先生からのアドバイス

現状のやりくりはすごく上手!マンション購入後に注意が必要
自炊をしていたり、ムダ使いをしていないので、やりくりが上手です。でも、マンション購入後は、家具や雑貨購入などで家計が乱れやすいので、注意。修繕管理費や固定資産税などもかかってくるので、購入後も今の生活をキープして!

【こうするとさらにGOOD】
老後の資金を手厚くするためにiDeCoを始めましょう
現在、生命保険の個人型年金の積み立てをしていますが、iDeCoに変えても。iDeCoなら全額所得控除になり、月2万円積み立てれば年間で24万円の控除に。老後にも役立ちます!


丸山晴美先生

ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー、節約アドバイザーなど、マネーの専門家としてテレビや雑誌などで活躍。著書に『節約家計ノート2024』(東京新聞)などがある。

監修/丸山晴美 イラスト/別府麻衣 取材・文/弓削桃代

※これらの情報は、2023年8月取材時のものです。状況によっては制度が変わっている可能性があります。ご了承下さい。
※InRed2023年10月号より。情報は雑誌掲載時のものになります。
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

この記事を書いた人

InRed編集部

「35歳、ヘルシーに!美しく! 」をテーマにしている雑誌『InRed(インレッド)』編集部。 “大人のお洒落カジュアル”を軸に、ファッションや美容はもちろん、ライフスタイル全般を網羅。公式ウェブサイト『InRed web』ではライフステージの変化の多い世代ならではの、健康、お金・仕事、推し活に関する情報を発信。お洒落で楽しい毎日に役に立つヒントをお届けしています。

Twitter:@InRed_tkj
Instagram:@inrededitor

記事一覧へ戻る

SNS SHARE

Related Article