シンプルカジュアルの洒落ワザ!【シャツ編】

春物を着るにはまだ少し早いけれど、手持ちの冬服には気分が上がらないこの時期。ちょっとした工夫をすれば、いつもの服を新鮮に楽しめます。すぐ真似できる、シンプルカジュアル派のための洒落ワザをご紹介。今回はシャツ編。そのままだときちんと感が強いシャツも、ひと工夫すればカジュアルに着こなせます。

1. タートル、Tシャツを重ねる

シャツの前ボタンを2、3個開け、中にTシャツやタートルニットを合わせるだけでカジュアル感を出せる基本テク。Tシャツにはネックレスもプラスすればさらにこなれ上級者。

[左]ストライプシャツ¥4,950(レプシィム/アダストリア) 中に着たTシャツ¥1,000(ユニクロ) [右]ブルーシャツ¥18,700(カデュネ/カデュネ プレスルーム) 中に着たタートルネックニット¥2,990(ユニクロ)

2. 袖にボリュームが出るまくり方をする

袖をまくる時は、きちんと折りたたんでしまうとこなれて見えない。カフスのボタンを留めたままひと折りし、そのまま肘の方までたくし上げる。袖にふんわりとボリュームが出て、洒落感がアップ。

ストライプシャツ(ワザ1[左]と同じ) ピアス¥27,500(iris47/ フーブス)

3. 袖口を出してひと折りする

厚手、オーバーサイズのニットやスウェットを着る時は、中にシャツを重ねて、袖口をひと折り出すだけで抜け感が出る。

ストライプシャツ(1[左]と同じ)ジップアップニット¥9,350(ヘレイアム/アダストリア)パンツ¥9,350(ニューバランス/ニューバランスジャパン)

4. 裾の前半分だけボトムにインする

全部入れるときちんとしすぎ、全部出すとだらしない、シャツの裾問題。前の半分、1/4だけボトムにインすれば、こなれつつきちんと見えるベストバランス。

ブルーシャツ(1[右]と同じ) フェイクレザーパンツ¥16,940(アクテ) イヤリング¥48,400(アサミフジカワ)

5. ショート丈トップスから裾を出す

トレンドのショート丈トップス、若い子だけのアイテムではありません。中にシャツに合わせれば大人も着やすく、スタイルアップも叶う優秀アイテムです。

白シャツ¥29,700(インディビジュアライズドシャツ/メイデン・カンパニー) ケーブルニット¥1,990(ジーユー) デニムパンツ¥35,200(ヒステリックグラマー) イヤリング¥48,400(アサミフジカワ)

6. 襟を立てて上からネックレスをつける

シャツの襟を立て、短めのネックレスやメタルのチョーカーを上からつけるだけで、スタンドカラーのような着こなしに。普段のシャツが新鮮に見違える、上級テク。

ブルーシャツ(1[右]と同じ) ボールネックレス¥34,650(エリカニコラスビゲイ/メイデンズ ショップ ウィメン)

撮影=五十嵐勇生[TRON] スタイリング=河野素子 ヘア&メイク=YUMBOU[ilumini] モデル=横田美憧

※InRed2023年2月号より。情報は雑誌掲載時のものになります。
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

KEYWORD

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article