私服SNAP【佐藤晴美】“女っぽさとメンズライクをミックス!”

執筆者:InRed編集部

佐藤晴美,スナップ

この記事の画像一覧を見る(5枚)

InRedの誌面をいつも可愛く飾ってくれる人気俳優・モデルのこの夏のスタイルを大特集! 今回は佐藤晴美さんが登場。自身の定番だという「女っぽさとメンズライクをミックスさせたスタイル」を、この夏どう着る?

佐藤晴美
1995年生まれ、パフォーマー・モデル。173㎝という高身長に加えて女性らしいメリハリのあるボディで注目を集める。弊誌をはじめ、さまざまなメディアで活躍中。

肌見せとゆるさを、バランスよく取り入れる

「女っぽさとメンズライクな感じを絶妙にミックスしたスタイリングが私の定番。デコルテ、肩など華奢な部分は出しつつも色っぽすぎないように、あえてゆるっとしたデニムを腰ではいてみたり。髪を切ってからいろんな服装が楽しめるようになりました! 愛用しているのはセリーヌのデニム。色落ち加減、シルエット、腰まわりのフィット感、すべてがパーフェクトで何本か持っています。足元はレペットのバレエシューズが最近のマイブーム」

佐藤晴美,スナップtops: Ron Herman
bottom: CÉLINE
bag: BOTTEGA VENETA
shoes: Repett
necklace: Vendome AOYAMA
ring: TIFFANY&Co.、Vendome AOYAMA

タンク,デニム,佐藤晴美

「シルエットがキレイで自分の体にフィットするカップ付きのタンクトップが夏は大活躍! そのままジムに行ったりもできるのでアクティブな私の必需品です。セリーヌのデニムは型、色違いで何本か持っています」

スキンジュエリー感覚でつける

ティファニー,ヴァンドーム青山,佐藤晴美ring: TIFFANY&Co.、Vendome AOYAMA

「20代前半はけっこうボリュームがあるような大ぶりのアクセサリーを好んでいたのですが、年齢を重ねるにつれてシンプルに。左手はティファニーで、右手はヴァンドーム 青山のもの。私の定番です」

カジュアルにも似合うレディなバッグ

ディオール,トッズ,佐藤晴美

「ディオールはエレガントなデザインだけど、黒なので持つとコーデ全体が引き締まるので好き。トッズのブラウンバッグはこのカラーがとっても使える! パーティでも古着コーデでも、オールマイティに使える万能さがあります」

撮影=川﨑一貴(MOUSTACH) 取材&文=小池 遥

※InRed2023年8月号より。情報は雑誌掲載時のものになります。
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

KEYWORD

この記事を書いた人

InRed編集部

「35歳、ヘルシーに!美しく! 」をテーマにしている雑誌『InRed(インレッド)』編集部。 “大人のお洒落カジュアル”を軸に、ファッションや美容はもちろん、ライフスタイル全般を網羅。公式ウェブサイト『InRed web』ではライフステージの変化の多い世代ならではの、健康、お金・仕事、推し活に関する情報を発信。お洒落で楽しい毎日に役に立つヒントをお届けしています。

Twitter:@InRed_tkj
Instagram:@inrededitor

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article