【イガリメイク】「目頭メイク」で可愛く目力アップ! 立体感のある顔に見える!

執筆者:InRed編集部

この記事の画像一覧を見る(9枚)

目頭に超接近!『イガリシノブの超接近メイク術』

大人気ヘア&メイクアップアーティスト・イガリシノブさんが、毎月1つのパーツに超接近して、メイクテクニックを紹介する、InRedの連載企画『イガリシノブの超接近メイク塾』。今回の接近パーツは「目頭」。小さなパーツに少し手を加えることで、表情が見違えるように変わる、魔法みたいなテクニックを教えちゃう♡

ヘア&メイク イガリシノブさん

イガリシノブさん

ご存じ、最先端の“可愛い”をクリエイトするヘア&メイクアップアーティスト。そのメソッドは、既成概念をぶち壊すほど独創的!

今っぽさのカギは「目頭」!光を集めて存在感アップ

「メイクで大切なのは、小さな小さなパーツにこそ手を加える、ということ。たぶんみんなは、チークのムラづきみたいな範囲が広いパーツが気になったりするだろうけれど、いやいや、今なら極小エリアの目頭に愛情を注いでみて! そもそも私たちは、目頭貧乏というか、目頭に表情がちょっと乏しいなって思ったりもするから、光を集めて盛っちゃおう! これだけで顔のバランスが変わるの。目の周りのガイコツの穴=アイホールの凹凸が出てきて顔に立体感が生まれるし、まなざしが際立つことで各パーツがキュッと求心的に見えてくる。目頭は整えるべきパーツだってこと、ちゃんと覚えておこう~♪」(イガリさん)

HOW TO MAKE-UP

目頭メイクを解説!

目周りに陰影を仕込んでより印象的な「目頭」に!

目頭にラメを点置きするだけ!ではあるものの、その前に仕込みプロセスを追加するのがイガリ流。目周りを明るく整え、影も加えて、サッと立体感を作る。これがより魅力的な目頭への道♡

1.コンシーラーで明るくスッキリ

コンシーラーで明るくスッキリ

下まぶたの目頭から黒目下をコンシーラー(1)で補正します。上まぶたのアイホール際にも仕込んで、目周りのラウンド感を強調。

2.影を作ってメリハリ感をアップ

影を作ってメリハリ感をアップ

①で引いた目頭から黒目下のラインのすぐ下に、ブラウンライン(2)も追加。影を作って目の奥行き感をさり気なくサポート。

3.目の際2㎜にグリッターの光

目の際2㎜にグリッターの光

グリッター(3)は目頭にくっつけず、2㎜離して小さく丸く点置き。どんなアイメイクにも合わせられる魔法のようなテクニック!

使用したコスメはコレ!

スタジオ クロマグラフィック ペンシル NC15/NW20(M•A•C)

1

ピンポイントで整えるペンシルタイプのコンシーラー。スタジオ クロマグラフィック ペンシル NC15/NW20 ¥3,080(M•A•C)

フーミー プリップライナー リップブラウン(ナズル)

2

唇や目元をブラウンでシェイプして立体感をサポート。フーミー プリップライナー リップブラウン ¥1,540(ナズル・限定発売)

ウォンジョンヨ ダイヤモンドライナー 01 ピンクフィーバー(レインメーカーズ)

3

多色ラメがキラキラ輝き、パワフルなまなざしに! ウォンジョンヨ ダイヤモンドライナー 01 ピンクフィーバー ¥1,540(レインメーカーズ)

Hair&Make-up=Shinobu Igari〈BEAUTRIUM〉 Photograph=Mari Yoshioka Model=Azuki Oguchi Text=Akiko Nishimura

※InRed2024年1月・2月合併号より。情報は雑誌掲載時のものになります。
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

この記事を書いた人

InRed編集部

「35歳、ヘルシーに!美しく! 」をテーマにしている雑誌『InRed(インレッド)』編集部。 “大人のお洒落カジュアル”を軸に、ファッションや美容はもちろん、ライフスタイル全般を網羅。公式ウェブサイト『InRed web』ではライフステージの変化の多い世代ならではの、健康、お金・仕事、推し活に関する情報を発信。お洒落で楽しい毎日に役に立つヒントをお届けしています。

Twitter:@InRed_tkj
Instagram:@inrededitor

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article