【いきものがかり】【西野カナ】多くの人に愛される国民的アーティスト

執筆者:吉田可奈

【いきものがかり】【西野カナ】

この記事の画像一覧を見る

ライター・吉田可奈さんのおすすめの新譜情報をご紹介。性別、世代を問わず愛され続けているアーティストは、リスナーだけでなく、アーティストにも愛されているもの。今月はそんな愛にあふれた2作品を紹介します。

リスペクトと愛にあふれた名作が誕生

 楽曲のよさや歌唱力などから、リスナーにはもちろん、アーティストにも愛され、リスペクトされるアーティストがいます。聴く人たちに大きな影響を与え、今も輝き続けているアーティストたちの楽曲は、決して色あせることはありません。  つねにエヴァーグリーンでキャッチーな楽曲を届けてくれるいきものがかりの楽曲に、12組のアーティストが新解釈を加えたコラボレーションアルバムが発売されます。J-POPのスタンダードともいうべき彼らの楽曲が、幾田りら、上白石萌音、緑黄色社会、ゆずなど相性のいい歌声のアーティストのコラボから、全く違う雰囲気を纏うSUPER BEAVER、大胆なアレンジで驚かせる梅田サイファー、そして女優の伊藤沙莉とハンバート ハンバートなど、楽曲のさらなる可能性を引き出した、まさに新感覚の楽曲を楽しめるはず。いきものがかりが「どうぞご自由に」と差し出し、さまざまな才能により新たに生まれ変わった楽曲たちを思い切り楽しんだ後は、いきものがかりの原曲を楽しんでみてください。あらためて音楽のおもしろさを味わえるはずです。

 そして、多くの若きアーティスト、特に女性のシンガーに多くの影響を与え続けている西野カナが、デビュー15周年を果たします。彼女は現在活動休止中ですが、これまでのシングル曲や、リクエスト曲を集めたベストアルバムをリリース。あらためて彼女の曲を聴くと、デビュー当初はなかなかうまくいかない恋愛に焦り、戸惑い、次第に年齢が進むにつれ、働く女性へのエールソングや友情ソング、そして、結婚に憧れる楽曲などが増え、まさに彼女の20代の人生をそのまま反映させたような、日記のような楽曲を楽しむことができるのです。だからこそ、心から共感ができ、愛おしく感じる人も多いはず。もちろん、魅力は歌詞だけでなく、時代を先取るサウンドも印象的。全シングル35曲とリード曲を収録しているほか、ファン投票を行い、人気を集めた上位10曲を収録。あらためて、彼女が歌う名曲たちを楽しんでみてください。

この記事を書いた人

吉田可奈

エンタメ系フリーライター。作詞家。シングルマザー。飼い猫の名前はデデ丸。著者本「うちの子、へん?」 「シングルマザー、家を買う」(ともに扶桑社)発売中。音楽、映画、舞台、アイドル、タイ、オタク事が得意。

Twitter:@knysd1980
Instagram:@kana_yoshida1226

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article