【漫画】 同僚に嫉妬された! そんな紫式部の処世術は「バカのふり」!『新編 人生はあはれなり… 紫式部日記』(4)

この記事の画像一覧を見る

『源氏物語』の作者、紫式部。2024年の大河ドラマ「光る君へ」のヒロインとしても注目が高まっています。そんな彼女の日記をイラストレーター・小迎裕美子先生がコミカライズ!綴られていたのは、将来への不安、人間関係の深~い悩み、激しいライバルディスり…紫式部って実はけっこうなこじらせ系だった…!?

今回は、紫式部の涙ぐましい処世術をご紹介。


夫を亡くし、自分への慰めにと書き始めた『源氏物語』が大ヒット! その評判は権力者の耳にも届き、紫式部は宮中へスカウトされます。嫌々出仕するものの、宮仕えがどうしても馴染めず、数日で引きこもりに…。それ以来5カ月ぶりとなる出仕でのこと…。


『新編 人生はあはれなり… 紫式部日記』

『新編 人生はあはれなり… 紫式部日記』
(KADOKAWA)

平安時代のエッセイ『紫式部日記』を、人気イラストレーター・小迎裕美子先生がコミカライズ!

著:小迎裕美子 紫式部 監修:赤間恵都子

単行本はコチラ!

※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

この記事の画像一覧

この記事の画像一覧を見る

KEYWORD

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article