【新NISA】FPがやさしく解説! 旧NISAと新NISAの違いを分かりやすく表で説明

執筆者:InRed編集部

この記事の画像一覧を見る

新NISAのポイントや、旧NISAから何が変わったのか? 特徴を表にして詳しく説明します。

非課税保有限度額の無期限化と投資枠の拡大で、さらに実用的な制度に

旧NISAから新NISAになって、何が変わったのでしょうか? 新NISAのポイントは、NISA制度が恒久化され、非課税期間が無期限になったことです。旧NISAには、5年もしくは20年という期限があり、出口戦略を考える必要がありましたが、新NISAはその必要がなくなりました。 また、旧NISAでは「つみたてNISA」と「一般NISA」のどちらかを選択する必要がありましたが、新NISAでは「つみたて投資枠」と「成長投資枠」という名称に変更され、年間の投資枠がそれぞれ120万円、240万円に拡大したほか、併用もできるようになりました。つみたて投資枠で購入できる金融商品は、つみたてNISA同様、金融庁が認めた投資信託のみです。具体的には、手数料が低水準など長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託に限定されています。 一方、成長投資枠は、投資信託に加え、上場株式なども購入できます。個別株を購入できるので、株主優待も受けられます。ただし、高レバレッジ型投信など、購入できない商品もあります。

旧NISAと新NISAの違いとは?※①整理・監理銘柄 ②投資信託20年未満、高レバレッジ型及び毎月分配型の投資信託等を除外。

なお、現在の新NISAは2022年12月に発表されたものであり、それ以前は「2階建ての新NISA」が適用される予定でした。ネット等では古い新NISAの情報も残っていますので、注意してください。


〈参考にしたのはこの本!〉
知ってる人だけ得する!今からそなえる新NISA

お金のプロやインフルエンサーが新NISAをとことんやさしく解説! 新NISAをお得に始めるための情報満載です。

Amazonで購入する>>

〈教えてくれたのはこの人!〉
横山光昭(よこやま・みつあき)さん
家計再生コンサルタント、株式会社マイエフピー代表。「消・浪・投®」の家計管理と投資を両輪に資産形成を目指す。家族マネー会議も有名。相談件数2万6000件超、著作174冊、メディア出演も多数。

監修/横山光昭 編集/ECLIPSE Workshop 文/林 雄一郎 イラスト/ひらのんさ

※InRed2024年1月・2月合併号より。情報は雑誌掲載時のものになります。
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

この記事の画像一覧

  • 旧NISAと新NISAの違いとは?

この記事の画像一覧を見る

KEYWORD

この記事を書いた人

InRed編集部

「35歳、ヘルシーに!美しく! 」をテーマにしている雑誌『InRed(インレッド)』編集部。 “大人のお洒落カジュアル”を軸に、ファッションや美容はもちろん、ライフスタイル全般を網羅。公式ウェブサイト『InRed web』ではライフステージの変化の多い世代ならではの、健康、お金・仕事、推し活に関する情報を発信。お洒落で楽しい毎日に役に立つヒントをお届けしています。

Twitter:@InRed_tkj
Instagram:@inrededitor

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article