【エルメス】ひと塗りでモード! ネオンピンクのリップが主役のメイク【自信をくれるメゾンのコスメ】

執筆者:InRed編集部

【エルメス】 モデル=織田梨沙

この記事の画像一覧を見る(3枚)

特別なジュエリーのように、大事なお守りのように。気分を高め、自信を与えてくれるハイブランドのコスメで、ポジティブにメイクを。

【エルメス】大胆なネオンピンクの唇が輝かしい未来への扉を開く

【エルメス】 モデル=織田梨沙シャツ¥18,500(アコック/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

コケティッシュでありながら、どこか知性も感じさせるネオンピンクのリップが、ひと塗りでモードを香り立たせる。こんな鮮烈なカラーを纏うのはちょっと勇気がいるけれど、臆病さを捨て、未来の自分へと進化するカギに。この唇からこぼれるのは、ポジティブな言葉だけ。

HOW TO

目元左上のベージュをアイホールに、右下のブラウンを二重幅に重ねて自然に深みを出す。下まぶたのキワには左下のオレンジをのせ、洒落感をプラス。 チーク:ベージュ系チークを頰骨に沿ってのせ、フェイスラインにものせて引き締める。 リップ2を直塗りしてから、輪郭がはっきりしすぎないよう、指で押さえてぼかす。

エルメス オンブル ドゥ エルメス パレット クワテュール 03

1. アンバー系のヌーディトーンに、オレンジときらめきのアクセントが映える。オンブル ドゥ エルメス パレット クワテュール 03 ¥14,300

エルメス ルージュ エルメス ルージュ ア レーヴル マット 41

2. 軽やかなマットフィニッシュで、鮮やかに唇を彩る究極のピンク。ルージュ エルメス ルージュ ア レーヴル マット 41 ¥10,010 ※限定品(ともにエルメスジャポン)

Photograph=TISCH〈MARE Inc.〉 Hair & Make-up=Tomoko Okada〈TRON〉 Styling=Mika Nagaoka Model=Lisa Oda Text=Yoko Yamamoto

※InRed2024年6月号より。情報は雑誌掲載時のものになります。
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

この記事を書いた人

「35歳、ヘルシーに!美しく! 」をテーマにしている雑誌『InRed(インレッド)』編集部。 “大人のお洒落カジュアル”を軸に、ファッションや美容はもちろん、ライフスタイル全般を網羅。公式ウェブサイト『InRed web』ではライフステージの変化の多い世代ならではの、健康、お金・仕事、推し活に関する情報を発信。お洒落で楽しい毎日に役に立つヒントをお届けしています。

Twitter:@InRed_tkj
Instagram:@inrededitor

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article