【MEGUMIさん】色気の漂うボディを作る、お手入れ方法とは…?

執筆者:InRed編集部

MEGUMI

この記事の画像一覧を見る

自身の美容道を進み続けるその姿勢は、InRed世代の憧れの的! そんなMEGUMIさんが実践するボディケアを教えてもらいました。

憧れはモニカ・ベルッチ! 日々新しいケアにトライしています

「顔だけでなく、カラダのすみずみまでみずみずしい人って、色気が漂っていますよね。そういう人は外側のケアはもちろんのこと、きっと内側も浄化されているんだろうなと思うんです。 私も普段からピラティスや筋トレを行ったり、サウナでちゃんと汗をかいたりして、毒素の排出を心がけていますが、春は今以上にギアを上げたい! モニカ・ベルッチのような、柔らかく、幸福感の宿るボディを目指しています!」

眠る前に香りの力で気持ちをゆるめる

「いかに充実した睡眠を取るかが、美容偏差値を上げるポイント。寝る前に好みの香りを枕にひと吹きすると、副交感神経が優位に。多幸感に包まれながら、熟睡できるんです」

オードパルファム No.9 50mL ¥17,600(OSAJI)

バラの原種・ノイバラを精油として使用。さらにサイプレス、ブラックペッパーが静寂な夜を演出。オードパルファム No.9 50mL ¥17,600(OSAJI)

見えない自信が生まれるフェムケアは必須

「きっかけは婦人科の先生との対談。膣を保湿している70歳はキレイという話を聞いたんです。膣の経皮吸収率は腕の皮膚の42倍。それを聞いてから、MAROAを愛用。使い続けると顔のくすみまで変わりますよ」

MAROA フェミニンソープ 280mL ¥3,080、同 フェミニンミルク 120mL ¥3,740(ともにme)

「天然由来成分98%以上でとにかく香りに癒やされます。ボディはこれしか使いたくないと思うほどお気に入り」。左から:弱酸性のきめ細やかな泡。MAROA フェミニンソープ 280mL ¥3,080、デリケートゾーン専用の乳液。摩擦による色素沈着も予防。同 フェミニンミルク 120mL ¥3,740(ともにme)

この記事を書いた人

InRed編集部

「35歳、ヘルシーに!美しく! 」をテーマにしている雑誌『InRed(インレッド)』編集部。 “大人のお洒落カジュアル”を軸に、ファッションや美容はもちろん、ライフスタイル全般を網羅。公式ウェブサイト『InRed web』ではライフステージの変化の多い世代ならではの、健康、お金・仕事、推し活に関する情報を発信。お洒落で楽しい毎日に役に立つヒントをお届けしています。

Twitter:@InRed_tkj
Instagram:@inrededitor

記事一覧へ戻る

KEYWORD

SNS SHARE

Related Article